ビジネスにおける知っておくべきこと radintervent.org

ビジネスの基本について


ビジネスにおける知っておくべきこと
トップ » ビジネス

Site Menu

Site Info

電話対応はビジネスの基本となります

皆さんは社会人になって初めの仕事は何をしましたか。内定をもらって働き始める際に会社の説明を受けてから、初めての仕事は電話対応だったという方は多かったでしょう。それ以外出来ない部分もありますが、基本の仕事になります。また、営業系の仕事の方は電話一本でビジネスが完結してしまう事もあるのでとっても重要ですね。判断を間違えたら後悔もするかもしれません。営業の仕事の場合はその1つ1つで成績が決まってきてしまいますからね。簡単なものや難しいものに問わず、どの業種においても電話はあるものです。電話対応はビジネスの基本です。

勉強で培うビジネスにおける自己管理能力

社会に出ると勉強しなくてはならないことが沢山あります。学校生活では成績の優劣で評価されましたが、社会生活ではもう少しハードルがあがります。わかりやすい例でいうと、会社組織での査定に関わる問題です。健全な会社組織では、一般的に人事異動は部署をまたいで行われます。銀行業では短い期間で異動が行われます。顧客の資産をあずかるという点で、不都合を起こさないためにです。製造業の購買部でも同じです。仕入れ先との仕事以上の不健全な接点を無くすためです。ビジネスの現場ではいつでも勉強が必要です。常に新しい環境に適応でき、付加価値を高める仕事をするためにはそれしかありません。まずは自己管理能力を磨き、ついで組織を磨き上げる能力を培います。ビジネスは「これでいい」というリミットがないので、常に学習が必要なのです。

ビジネス文書の書き方の基本、最初に結論を

仕事での文章を書くのは、それなりにスキルが必要です。しかも短時間で書けなくてはなりません。慣れない人は書き始めるのに延々と時間がかかることでしょう。しかしいつまでもそのままではいけません。文章を書くのが苦手という人は、名文信仰に陥っているのだと考えられます。しかしいわゆる名文はある種の才能であり、芸術的なセンスです。早々に見切りをつけましょう。大切なのはわかりやすさです。わかりやすさとは、一読して意味が分かり、誤解の余地を与えない文章のことです。さて、学校では文章の基本を起承転結でまとめることと学びました。しかし残念ながらビジネス文書を書くうえでは全く役に立ちません。ビジネス文書の書き方の核心は、最初に結論を書くことです。理由は必要に応じて結論のあとに短く添えれば十分です。